トップ > 大人の矯正治療 > インビザライン

インビザラインとは

1999年にアメリカで、マウスピース型矯正治療をつかった「インビザライン・システム」を開発その後、米国の矯正歯科医師を対象に治療開始しました。
マウスピース型矯正装置はたくさんあります。その中でもインビザラインは現在、世界90カ国以上の国々で提供され、これまでに340万人を超える患者様が治療を受けられています。(2015年9月現在)
最も最先端のマウスピース型矯正装置です。

どんな歯並びでも治せる装置ではありませんが、
矯正したいけど見た目も気になる方
金属アレルギーで矯正を諦めている方
大人で今さらワイヤー矯正をすることにためらいがある方
昔から歯並びを気にしてきたけどワイヤー矯正をつけたくない方

今までいろいろな理由で矯正をあきらめている人が
歯並びを治すきっかけになってくれると考えています。


インビザライン3つの特徴


1)目立たず透明に近い


2)金具が当たったり、ワイヤーが刺さったりしない


3)お食事、歯ブラシのとき取り外しが可能

インビザラインのメリット

1)透明感があり、装着していても目立ちません。
2)お食事や歯磨きのときに矯正装置(マウスピース)を外せる。

クリンチェックが表示する3Dアニメーション動画を通じ、患者自身も計画された歯牙移動を事前に見ることができ、治療に対するモチベーション向上につながります。


装着前

装着後


マウスピースを上下の歯にはめるだけなので通常の表側矯正装置をつけるよりは目立ちにくいです。ご自分で2週間ごとに新しい装置(マウスピース)に交換して少しづつ歯の位置が移動していきます。


インビザラインのデメリット

歯の重なりが強い方はできない
骨格自体の不正は治らない
装置をはめる患者さんの協力度が100%必要となる
場合によってはワイヤー矯正の方が早い時もある


インビザラインとワイヤー矯正装置

インビザラインとワイヤー矯正装置

「インビザラインであればどこの歯科でも変わらない」
は間違いです。

確かに作る所は海外で同じですが、
どのように歯を動かすのかを決めるのはDr.になります。
ですから、治療をされる先生によって歯の動かし方が全然違います。

何処でやっても同じだから安い所でやる。
それはそれぞれの考え方がありますのでいいですが、
安すぎる所にはそれなりの問題があります。

インビザラインだから仕上がりがワイヤー矯正より劣る。
インビザラインだから歯が出る。
インビザラインに問題があるのか?
それ以外に問題があるのか?
インビザラインかワイヤー矯正か初診相談でよく話しを聞いてみて下さい。

*必要に応じてワイヤー矯正やカリエールなどの装置を併用する場合もあります。



キーワードインビザライン マウスピース 


大人の矯正治療

大人の矯正治療

診療時間

曜日 時間
月 火 水 金 10:30〜13:00 14:30〜18:30
9:00〜13:00 14:00〜16:30

アクセス

地図
地下鉄東山線 星ヶ丘駅2番出口徒歩1分
名古屋市千種区井上町49−1
名古屋星ヶ丘ビル3F
電話 052-781-1622