トップ > 星が丘の矯正歯科の治療に関するQ&A > 親知らず(おやしらず)と歯並び

親知らずは、一番最後に生えてくる歯です。一般的には、20歳くらいで生えててくる歯です。親が知らないうちに生えてくることから親知らずと言われているようです。

さて、この親知らずですが色々な問題を起こします。親知らずで腫れる、むし歯になるなどあまりよい存在でないことが多いです。また、歯並びにも悪影響を及ぼします。そもそも矯正治療をする時点で歯並びが悪いです。歯並びが悪いときには、歯の生える隙間が少ないことがほとんどです。そんな狭い顎にさらに親知らずが生えるスペースはまずありません。

ですから、矯正治療をする方の多くは親知らずを抜くことになります。抜かなくても良いのなら抜きたくないのですが歯並びを治す為に仕方なく抜いて頂きます。

横向きで生えてくる親知らず。




お口の中を見ても正しく生えていない親知らずがある方がみえます。
レントゲンを撮ると歯の状態がばっちりわかります。

矢印の歯は、同じ歯です。歯が横向きになってます。
この親知らずは、手前の歯を押してきますので歯並びが悪くなる原因になります。

横向きの親知らずが歯を押している場合


横向き



左右の奥歯の傾きをみると片方だけ舌側に傾いています。原因は、親知らずが横向きに生えていることで歯が舌方面に倒れてしまっている状態です。

親知らずが歯の生える邪魔をしている場合




口の中をみても白いものが少し見えるだけですが実は、親知らずが永久歯の生える邪魔をしている状態です。

親知らずが原因で歯並びが悪くなる場合をお見せしてきました。
残念なことに親知らずを抜いても元通りにはなりません。
歯の位置がずれてしまってますから矯正治療をして歯の位置を治さなければなりません。




星が丘の矯正歯科の治療に関するQ&A

星が丘の矯正歯科の治療に関するQ&A

診療時間

曜日 時間
月 火 水 金 10:30〜13:00 14:30〜18:30
9:00〜13:00 14:00〜16:30

アクセス

地図
地下鉄東山線 星ヶ丘駅2番出口徒歩1分
名古屋市千種区井上町49−1
名古屋星ヶ丘ビル3F
電話 052-781-1622