トップ > 星が丘の矯正歯科の治療に関するQ&A > 口呼吸(こうこきゅう)と歯並び

口呼吸

 口呼吸とは、文字通り口で呼吸をすることです。本来なら人は、鼻で呼吸をするよう出来ています。意識せずに鼻で呼吸をするこれが正常な状態です。

鼻で呼吸することが出来ない場合、生きるために呼吸をしなければなりません。ですから、無意識に口で呼吸をすることになります。無意識で行っている口呼吸は、よくありません。

鼻での呼吸とは?

鼻は、フィルターの役目を果たしております。外部から入ってくる細菌の進入を防いだり、乾燥した空気を加湿したりとメリットが多くあり本来は鼻で呼吸することが健康上、美容上好ましいです。

口呼吸で起きる問題は?

鼻というフィルターを通さないためダスト、細菌が直接のどの粘膜を刺激します。これによってのどの粘膜を炎症が起こりやすくなります。

細菌が体内に直接入りやすくなり体調不良や風邪を引きやすくなります。
口の中が常に乾燥した状態になるので口臭、歯周病、歯の着色の原因にもなります。こまめに歯医者に行っているのに着色がスグつく方、口臭がすぐ出てくる方は要注意です。

口呼吸は、美容面でも問題を起こしてきます。
1)口が開いていて常に呼吸をすると唇がすぐ乾燥します。
2)のども乾きやすくなります。
3)口の周りの筋肉がゆるむので口元のたるみ、ゆがみの原因にもつながります。

口呼吸と歯並び

口呼吸の原因の1つとして歯並びがあります。これは、意外と気にされません。こどもがいつも口を開いていることを指摘して治らない。原因が歯並びかもしれません。

歯がガタガタ、歯が出ているなどの理由から口を閉じたくても意識して口に力を入れないと口を閉じられないからです。指摘すると意識して閉じることは出来ますが意識しなくなると口が開いてしまいます。

写真のかたは、歯が出ています。楽にしている状態がこの状態です。この写真をみるとどちらで呼吸しているか明確だと思います。そう、口呼吸です。

このように歯並びの悪い方は、自然と口呼吸になりやすいです。矯正治療をすることで口を自然な形で閉じることが出来るだけではなく、理想的な鼻での呼吸をすることが出来るようになります。


口呼吸

楽な状態



星が丘の矯正歯科の治療に関するQ&A

星が丘の矯正歯科の治療に関するQ&A

診療時間

曜日 時間
月 火 水 金 10:30〜13:00 14:30〜18:30
9:00〜13:00 14:00〜16:30

アクセス

地図
地下鉄東山線 星ヶ丘駅2番出口徒歩1分
名古屋市千種区井上町49−1
名古屋星ヶ丘ビル3F
電話 052-781-1622