トップ > 矯正歯科治療 > 子どもの矯正治療

いろいろな可能性を持っているお子さま。
子どものうちの早期治療にもいろいろな可能性があります。
矯正治療は、歯があればいくつになっても出来ます。
大人になってからももちろん治療は可能です。
じゃあ、「子どものうちに治療をする意味がない」のではとの意見も聞きます。
それは、違います!子どもは、大人にはない成長があります。これを上手に利用することによって大人では出来ない治療が出来ます。抜歯する可能性が低くなります。歯につける矯正器具ブラケットをつけなくてもすむ可能があります。
子どもの時期にしか出来ないことがあります。

○子どもの反対咬合の治療法・ムーシールド

ムーシールドは調布矯正歯科クリニック 柳沢 宗光先生によって考案された装置です。反対咬合(受け口)の早期初期治療に用いることのできる夜間使用するだけの取り外し式の矯正装置です。3歳から使用することが可能です。舌や唇の筋肉のバランスをコントロールすることによって受け口を治すとても体に優しい装置です。使用期間は約1年くらいですが使用後、後戻りのする可能性があるので経過観察が必要です。

受け口は、早期治療が必要です。自然に治る場合はすくないです。
「永久歯が生えるまで様子見しましょう」では、ダメです。

ムーシールドを使った治療例を下に載せてます。 魔法の装置ではないのでどなたもこれを使えば治るわけではないです。正しい使い方、ムーシールドの適応症の方でないと100%の効果を発揮しません。 また、乳歯の反対咬合を治したとしても永久歯が正常に生え替わるとは限りません!永久歯が正しく生えそろうまで経過を見ていきますし必要があれば違う装置を使います。


○上顎前突(出っ歯)の治療法

下あごが小さくて出っ歯の場合、下顎の成長を前方に促すために、『バイオネーター』という、夜間のみ使用する装置を使います。下あごの成長をコントロールすることによって正しいかみ合わせを作ることが出来ます。


バイオネーター

バイオネーター

装着時

装着時


○永久歯の生える場所がない場合

顎の大きさが小さくて永久歯が生える場所がない場合。顎の大きさを広げることによって永久歯のむりなく歯列に取り入れることが可能です。下の歯並びは、顎の大きさを広げることしかしてません。


術前

術前

術中

術中

○乱杭歯・叢生(凸凹)の早期治療例

子どもだから簡単に治せる治療です。顎の大きさと歯の大きさのバランスがわるいので凸凹になってます。顎の大きさを広げることによって歯をそろえることが出来ました。治療を開始しから2ヶ月でここまでよくなりました。


術前

術前

2ヶ月後

2ヶ月後


あなたの歯並びについてのおもいを初診矯正相談・無料で教えて下さい。




矯正歯科治療

矯正歯科治療

診療時間

曜日 時間
月 火 水 金 10:30〜13:00 14:30〜18:30
9:00〜13:00 14:00〜16:30

アクセス

地図
地下鉄東山線 星ヶ丘駅2番出口徒歩1分
名古屋市千種区井上町49−1
名古屋星ヶ丘ビル3F
電話 052-781-1622