顎変形症とは

顎変形症(がくへんけいしょう)は、上あごか下あご、もしくはその両方の大きさ、形、位置などの異常によって、顔のゆがみと、かみ合わせの異常が起きている状態をいいます。

あごのズレによって正常なかみ合わせが出来なくなるような方は、発音障害や咀嚼障害、審美的な問題を抱えていることが多いです。例えば、受け口の場合下あごが出ていることで口が閉じられないことで発音が悪くなり、下あごが出ていることで審美的な問題も大きくなります。

外科矯正(外科手術+矯正)をすることで咬み合わせと顔貌が大きく変化します。高度な治療になりますので外科手術をする大学病院との連携が大切になります。歯列矯正についての説明は当院で行いますが、外科手術に関する説明は大学病院で行います。


出っ歯(上顎前突)

受け口(下顎前突)








治療期間と費用について


治療の流れについて


顎変形症は、上下の顎のバランスが悪く矯正治療だけでは治すことが出来ない場合、術前の矯正治療と入院による手術、術後矯正治療が必要になります。



矯正治療の検査、診断

大学病院の口腔外科にて治療説明

術前矯正(約1年)

大学病院で外科手術+入院
(3週間前後)


術後矯正(約1年)

保定期間(約2年)



費用について


一般的の行われる矯正治療は自費という形の治療になり高額になりますが、顎変形症における矯正治療は、治療工程の全てに保険が適用されます。


初診相談料無料
顎変形症矯正治療費約240,000円(窓口負担額)
外科手術・入院費約270,000円(窓口負担額)


  • 矯正治療費は通常費用80万円前後の3割負担になります。
  • 外科手術は、下顎のみの手術の場合、手術と入院費を合わせて通常費用90万円前後の3割負担になります。
  • 外科手術費は手術内容によって上下します。
  • 治療の難易度に応じて費用は変わります。

高額療養費制度


「高額療養費制度」とは、医療機関の窓口で支払った額が暦月(月の初めから終わりまで)で一定額を超えた場合に、その超えた金額を支給する制度です。

例えば手術・入院費で27万円かかった場合に申請が通ると、後日19万円が支給され、自己負担額は8万円になります。

  • 所得によって自己負担は変わります。
  • 上下の顎を手術する場合は金額が高くなります。
  • 顎変形症による矯正治療は、厚生労働大臣が定める施設基準に適合している歯科矯正診断・顎口腔機能診断施設でのみ受けることができます。

高額療養費制度について詳しく見る

高額療養費の支給申請先・相談窓口


国民健康保険の場合

高額療養費制度は国の制度ですが、国民健康保険の場合は、市区町村の国保担当窓口です。

健康保険の場合

健康保険の場合は、政府管掌健康保険であれば、被保険者の住所地の協会けんぽ(旧社会保険事務所)、組合管掌健康保険であれば、所属の健康保険組合です。

共済組合の場合

所属の共済組合です。

期限・期日

申請期間は医療サービスを受けた翌月1日から2年以内となります。(2年間で時効消滅します)

高額療養費の支給時期・方法

高額療養費の支給方法は原則として口座振込です。 これは、医療機関から届く診療報酬明細書をもとに支給額の決定が行われます。この診療報酬明細書は審査もある関係で実際の振込までには3~4ヶ月以上はかかります。



*矯正治療は個々により治り方が変わってきますので皆がこのように治るとは限りません。これは一例です。治療結果には個人で差があります。