歯列矯正中のゴムかけ

こんにちは、名古屋市千種区の星ヶ丘DC矯正歯科の北森です。
矯正中に使用するエラスティックというものをご存じですか?
小さい輪ゴムの様なものです。



これを使ってといわれたけどどんな効果があるのかわからない…
食事と歯磨き以外はつけてといわれたけどサボっても大丈夫でしょ
と思われている方の為に、今回はエラスティック(ゴムかけ)の重要性について説明していきます!

どうしてゴムかけするの?
→ゴムの力で歯を動かしていく目的で使用します。
上下のかみ合わせのズレやかみ合わせを良くするために使います。

着用時間をサボったらどうなるの?
→このゴムは患者さん自身で使用して頂くものなので、
指示通り使用して頂ければ治療の進み、結果も良くなります。
逆に協力頂かないと歯が動かないので治療期間が長引く原因になります。
1日しっかり使っても次の日サボると後戻りするのでサボりは禁物(><)!

ゴムに種類はあるの?
→当院では動物のイラストが描かれたゴムを使用しています。
柄によって太さや強さが異なります。
このイラストはメーカによって異なります。



どうやってかけるの?
→ゴムのかけ方は患者さんによって異なります。
治療内容によって変わるのでその都度お伝えしています。
裏側矯正でも掛け方が変わるだけで効果などは変わりません。



以上ゴムかけについてでした!
どうしてゴムを使っているのか、どんな効果があるのかが少しでも分かれば
ゴムかけのモチベーションにもなりますよね♪
治療期間短縮のためにも今使っている方は一緒に頑張りましょう〜!