裏側(舌側)矯正で舌が痛いときの対処法

こんにちは、名古屋市千種区の星ヶ丘DC矯正歯科のキタモリです。
裏側矯正ワイヤーや装置が当たって痛い思いをしたことはありませんか?
私も治療を始めて半年は舌が装置にこすれてとても痛かったです(・_・、)
そんなときにとても使える商品をご紹介します!
治療を始められた方なら一度は見たことがある
こちらのワックスと呼ばれる装置やワイヤーから口腔内を守るもの。


こちらの商品でも口腔内の保護は十分にできますが、
裏側装置だとどうしても唾液の水分で取れやすくなってしまいます。
そんな裏側装置にオススメなのがこちらのギシグーという商品です!
裏側矯正の救世主といっても過言ではないくらい
めちゃくちゃ使えます…!



▼使い方
キャップを外し、注射器のようにぐっと中のワックスを押し出します。
好きな量を簡単に出せます(*^_^*)



10秒ほど色が完全に混ざるまでよく練ります。
練ったら固まる前に痛い箇所にくっつけます。
※口腔内の水分はあらかじめ取ってください。
※固まる前につけてください。


固まるとゴムのような堅さ、弾力になるので柔らかい内につけてください。
しっかりくっつくと食事をしても取れないことがあるくらい強力です!
コツはしっかり練る!量はたっぷり使うこと!
少量だと痛みがあったり、うまくつかないことがあります。


気になった方は当院の受付またはネット(Amazonなど)でも販売
していますので使ってみてください(^^)/
快適な矯正ライフを過ごしましょう♪